お問い合わせ
EN

#187 SR500

Custom Bike

#187 SR500 Custom Report

定休日や空いた時間をすこしづつ利用して久しぶりに制作できた自分用のチョッパーです。 謎のサイドカーがついたゴミ同然のフレームと半バラだったエンジンをO/Hしながらすこしづカスタム、整備をしながら組み上げました。

 

自分のためのSRを造っては「 欲しい!! 」ってお客さんに譲ることが6台続き、しばらくSRに乗れずに寂しかったのですが、自分用のたくさんのプロジェクトの中で街乗りでも走りやすく、いちばんラクにロングツーリングに行けるスタイルをSRにたくさん乗るために制作しました。

イメージしたのはメインストリームのso-cal(南カリフォルニア)スタイルではなく、nor-cal(北カリフォルニア)のスタイルを自分流に解釈し、ストックチョップな雰囲気にヒッピー感と田舎くさいカスタム感をプラスしたもの。

 

以前の愛車の「 カスタムギャラリー№59 SR400 B級チョッパー 」に通じるスタイルですが、フォーク長やタイヤ、リアショック、ステップ位置、などロングツーリングのために煮詰めたディメンションはそのままに、ガソリンタンクとフレームのモールディング、シートレールの造り治しなどでカスタム感を追加しました。

 

普段は外注に出すボンドワークによるモールディングやペイントも「 AMAGARAGE 」、「 KAMIKAZE 」によるヘルプのあとに、「 BACON 」 に師事しながらブースを借り、初めてのフレームペイントで雑な仕上がりですがすべて自分の好きなデザインで仕上げてみました。

 


 

JOINTS CUSTOM BIKE SHOW2019 出展車輌です

 


 

制作過程のブログ記事はこちら

 



 

【 車体右側のムービー 】

 

【 車体左側のムービー 】

 

【 軽い試走と車輌全体のムービー】

Custom List

Front

(ハンドル、Fフォーク、ヘッドライトetc.)

高速での直進安定性とコーナリングの切れのよさを両立させるフロント周り。

フロントフォークは「 15cmフォークジョイント 」と「 10cmロングインナーチューブ 」 の組合わせで合計25cmロング。 高速走行での安定性がバツグンに増します。

ヨーイング防止の「 チークバー 」を追加しツーリングや峠でも飛ばせる仕様にしています。

フォークボトムは余分なステーをカットしてスムージング後バフ仕上げ、アンダーブラケットには「 ハンドルロックウェルドオンキット 」を追加してからクロームメッキをかけました。

フロントフェンダーはあえてのクローム仕上げでワンオフ制作です。

 

フロントタイヤにハイトが低く丸みのあるものを選ぶことで待ち乗りでクイックなハンドリングに設定しています。 セレクトしたのはIRC。 車体の雰囲気には似合いませんがハンドリングはバツグンです。

H型アルミリムはスペイン製のアクロン。 いずれ変更する予定です。

 

ハンドル、スロットルはデッドストックのもの、レバーはハーレー用を加工流用しています。

 

ヘッドライトは定番の「 サイドマウントベーツタイプヘッドライトキット 」を通常よりすこし高い位置にマウント。ビンテージルックながら現代のH4バルブで夜道や車検も安心のライトキットです。

 


Center

(タンク、オイルタンク、シート、ステップ、マフラーetc.)

永く付き合うために半バラの部品取りだったエンジンはクランクの芯出しからフルO/Hした500cc、シリンダーをパウダーコート、ヘッドとヘッドカバーはショットブラスト仕上げです。

 

キャブレターは「 FCR39φマニホールドセット 」に「ネットファンネルセット」を追加しました。

 

このカスタムの起点となった特徴的なシートは以前にアメリカのスワップミートで手に入れた正体不明のものです。

 

ガソリンタンクはスポーツスタータンクをフレームに溶接。 溶接部分は国産車の微振動と熱によるクラック(割れ)への対策として、間に空気の層を作りながらタンク、フレームそれぞれに応力分散のパッチを貼り、モールディングベースにもなる鉄板をチドリで溶接する、、、と永く乗るための手間をかけています。

シート下フレームは肉厚パイプを1本もので手曲げし、若干ドロップダウンしながらエンドをループ状に巻いています。

 

マフラーは絞りパイプを使用したワンオフです。

 

ペイントは0.2mmの四角いメタルフレークをベースにオシャレ感の出るホワイト/アイボリーを使わずに茶色でフィニッシュするというテーマで、たくさんの助けをもらいながらペイントの素人の自分が初めて施したフレームからのカスタムペイントです。


Rear

(フェンダー、リアショック、スイングアームetc.)

定番のフラットフェンダーにDUOテールの組み合わせ。リアフェンダー、スイングアームもフレームと同色のペイントで仕上げました。

 

シッシーバープレートは「ホールタイプ」デザイン、バー部分をダサカッコいいデザインでワンオフ制作しました。

 

リアショックは車高を下げすぎずに仕上げるというテーマでHAGONをセレクトしました。

 

ウインカーは「ダイヤモンドウインカー」を「リアボトムマウントウインカーステー」でスイングアームに取り付けです。