お問い合わせ
EN

#212 SR400

Custom Bike

#212 SR400 Custom Report

地元の滋賀県からイモビライザーつき高年式のSR400を車両持込みでオーダーいただき、○「STDハードテールコンプリート」スタイルをベースに個性的なパーツセレクトやオプションの追加ながら乗りやすさと全体バランスを破綻させずにまとめて仕上げたフルカスタムSR400です。
もともとは大手国産4大メーカーのうちのひとつでバイクを生業とされていたオーナーですが、この業界から離れ、バイクを降りようと思っていた頃に見かけた○「№120 SR400」に衝撃を受けた!とのことで、もう一度バイクを楽しむ決意をされてご依頼いただいた1台です。
今回の条件は【○ハードテール ○セパレートハンドル ○コフィンタンク ○「Y`Sギア キャストホイール」 ○ボブフェンダー ○二人乗り(いつでもカンタンに取り外しができる仕様) 】でした。
セパレートハンドルにハードテールフレーム仕様ですが大きく下がった座高と広い面積でホールドするシート、体重を分散できるミッドハイステップで疲れにくいポジションになっています。

 

№120 SR400はこちら

 

【詳しいご紹介動画はこちら】(約10分)

 

【走行動画はこちら】(身長170cm、約4分)

Custom List

Front

(ハンドル、Fフォーク、ヘッドライトetc.)

ハンドルは持ち込み時に取り付けされていたセパレートハンドルをそのまま使い、コントロール類はスッキリさせるためにすべて小型化。○「グリメカスタイルブレーキマスター」や○「アマルタイプスロットル」、○「ミニスイッチ」、エンジン直付けの○「ロックデコンプレバー」へと変更しています。
ヘッドライトは○「5.75インチベーツライト/ブラックボディー、クロームリム)」を○「ボトムマウントライトステー」で装着。
ホイールは「Y`Sギアキャストホイール」へと変更し、○「LOADSTAR4.00-18」タイヤを装着。ハイト(高さ)の高くなったフロントタイヤに合わせて○「フロントフェンダーアッパーステー」を併用し、○「STDフロントショートフェンダー」を取り付けました。

イグニッションキーをシート左下へと移設したため、ステム下の目立ちにくく操作性の良い箇所にハンドルロックを新設しています(○「ハンドルロックウェルドオンキット」を使用)。
ウインカーはフレーム下側に○「スモールバレットウインカー」を○「ボトムマウントウインカーステー」で取り付けです。
○「60φ機械式スピードメーター」は目立ちにくく、走行中の視認性が良いガソリンタンク左前側へ移設。フレーム側に少加工をして○「汎用メーターステー」で取り付けしました。


Center

(タンク、オイルタンク、シート、ステップ、マフラーetc.)

ガソリンタンクはビンテージを踏襲したデザインのコフィンタンク。ビンテージから型を取り、SRのフレームの大きさに合わせて全辺をすこしずつだけ小さくリサイズして1枚の鉄板からワンオフ製作しています。ペイントは○「京都 P.H.K」さんにオーナーが憧れてくれた○「№120 SR400」とほぼ同デザインの色違いで塗り上げてもらいました。
シート下に水平に生えてていたフレームはリアの○「”リジットライン”ボルトオンハードテールキット」と一直線に揃えるため肉厚鋼管で専用治具を使いながら強度、耐久性をアップさせ整備性も向上させながら造り直しています。
キャブレターは○「FCR39φ SR400/500用マニホールドセット」へ変更。始動性よく扱いやすく、全域で二周りほどパワーが上る2%ERオススメのキャブレターです。標準仕様のプラスチックファンネルから○「アルミファンネル/ネットセット」へと変更しています。
シートは広範囲で上半身の体重を支えるバケットタイプをワンオフ製作。加速時の体重移動による腕や背中への負担を大幅に軽減するウレタンの積みかた、デザインで仕上げました。
タンデムシートは工具1本でいつでもカンタンの取り外しができる仕様となっています。
ステップは2%ER定番の○「ミッドハイステップキット」(パウダーコート仕上げ)。ハンドルがセパレートハンドルであっても通常走行時の体重分散だけでなく、ギャップを越える際には足裏をすこし踏ん張ることで衝撃を大きく軽減できるラクなステップキットです。
マフラーはサイド出しのワンオフ。口金に○「ワンオフパイプ制作用フランジセット」を使い、お客さまの目の前で相談しながらお好みのレイアウトで曲げパイプを繋いで制作、後部に○「”ナナメ”リップルパイプ」を使ったセミアップマフラーです。
バッテリーや電装類はすべてエンジン、クランクケース後部にマウント。目立ちにくく整備時のアクセスが良い箇所にバッテリートレーをワンオフ製作し、○「カスタム電装プレート」を使って集中させました。

【ほかセンター/車体周り使用パーツ】
○「溶接用タブ/ナット類」ガソリンタンクのマウントタブやシートの取り付けに使用
○「溶接用悲貫通ナット」ガソリンタンクやサドルシートスプリングの受けに使用


Rear

(フェンダー、リアショック、スイングアームetc.)

このスタイルの要となる○「”リジットライン”ボルトオンハードテールキット(13cmロング仕様)」。容易にボルト/ナットで取り外せるキットで車検時やスタイル変更時にリアショック/スイングアーム仕様へと戻すことができます(所要時間約2H)。
リアフェンダーはオーナー様指定のボブフェンダー。ハーレー用ファットボブをリサイズし、SRの振動、二人乗りの荷重に耐えられるように裏面に効果的な補強を追加して安全の取り付けしています。テールランプはルーカスを奥めて取り付けました。
ホイールは前後とも○「Y`Sギア キャストホイール」に換装し、リアタイヤは○「LOADSTAR4.50-18」を使用し、トルクロッドを○「ドリルドプレートトルクロッド」に交換しました。

ウインカーは○「スモールバレットウインカー」。

 

【ほかリア周り使用パーツ】
○「溶接タブ/ナット類」リアフェンダーの取り付けや補強、ウインカーの取り付けなどに多数使用