お問い合わせ
EN

#171 SR400 Custom Report

”リジットライン”ボルトオンハードテールキット(ロングタイプ)を使い組み上げた60~70’sスタイルのチョッパーSR400。25cm延長でロングフォーク化したフロント周り、リア周りはホイールベースを13cm延長、リアホイールの16インチ化などで身長180cm越えの長身オーナーの体格に合わせて大排気量車並の大柄な車格に製作しました。

外装はワンオフ制作のコフィンタンクにシンプルなドラッグパイプマフラー、今どきあまり使われないファットボブフェンダーにシンプルでイナたいデザインのシッシーバー、キャッツアイテールなど定番ながらすこし流行と外しつつ、全体の雰囲気とバランス重視で仕上げました。

乗り心地を大きく左右する乗車ポジションは念入りに打ち合わせをして乗り心地を最優先で決定、踏ん張りが効きつつゆったりしたポジションになるミッドフォワードコントロールキットにシートは3インチスプリングつきコブラシートでクッション性を確保、ライザーですこし持ち上げたドラッグバーなど長身オーナーでも窮屈にならずゆったり乗れて疲れにくい設定です。

枯れたような雰囲気の深みのある外装ペイントは 〇「 BACON 」 にお願いしました。

 


〇「 制作スタート、外装の打ち合わせ時のブログはこちら

〇「 コフィンタンクやシッシーバー、シート取り付けなど制作途中のブログ記事はこちら


【詳しいご紹介動画】

【走行動画】

【 車体右側 】

 

【 車体全体左側  】

 

【 軽い試走と車体全体 】

Custom List

Front

(ハンドル、Fフォーク、ヘッドライトetc.)

フロントフォークは25cm延長で大柄に。〇「 10センチロングインナーチューブ 」、〇「 15センチフォークジョイント 」の組み合わせです。

高いスタビライザー効果のある 〇「 チークバー 」の追加で、ねじれやヨーイングを防止しています。

ノーマル18インチのホイールに 〇「 ハブキャップ 」 の追加、純正ドラムブレーキをクラシカルな雰囲気に変更しました。

小径でスリムな縦溝タイヤのセレクトでロングフォーク時のハンドリングの重さを軽減、ほど良い長さでこのスタイルにも雰囲気の合うシンプルなワンオフフロントフェンダーをセットしました。

ヘッドライトは 〇「 5.75ベーツライト 」 を 〇「 ボトムマウントライトステーⅡ 」 でセット。安心の明るいヘッドライトをチョッパーらしくすこし高めにマウントです。

ステム下には 〇「 ハンドルロック ウェルドオンキット 」を取り付け。扱いやすい箇所に安心のハンドルロック機構を新設してあり、出先や保管時、車検時も安心です。

上半身の乗車姿勢を決定づけるハンドル周りは 〇「 パウコタイプ 3インチスクエアライザー 」 にドラッグバーハンドル。大柄なオーナーでも窮屈にならずにしっかり抑えが効く乗りやすいハンドル位置に。

コントロール周りは 〇「 アマルタイプスロットル 」やミニスイッチ、 〇「 69デコンプレバー 」などでスッキリ化。 ゴチャつきなく整備性も良好なシンプルなハンドル周りに仕上げました。

フロントウインカーはフレーム前下側、〇「 スモールバレットウインカー 」 を 〇「 ボトムマウントウインカーステー 」 で取り付けです。

スピードメーターはデザインのジャマをせず目立ちにくく、視認性のよいガソリンタンク左前側に「60φ機械式スピードメーター」を「ユニバーサルメーターステー」で取り付けです。


Center

(タンク、オイルタンク、シート、ステップ、マフラーetc.)

シート下フレームはリアアクスルに向かって一直線に伸びるストレートラインに加工。往年のリジットフレームシルエットに造りかえ、本格的なチョッパースタイルとさせています。

一枚の鉄板からワンオフ制作したコフィンタンク。 内部のサビや鉄板の経年劣化によるクラックなどのトラブルを避けるため、当時のビンテージから型を起こして新品を制作しました。3点支持のラバーマウントで安全に取り付けしています。

シートはワンオフコブラシート。 シートベース下の3インチスプリングは入力の角度やテコの位置、オーナーの体重など入念に設計した取り付け位置にマウント。 クッション性良好です。

2%ERでは身長175cmを目安にポジション設定の仕方を変更して車輌を制作していきます。

長身オーナーのための 〇「 ミッドフォワードコントロールキット/パーカライズ 」のゆったりポジションで、スプリングシートと合わせてリアショック無しのリジットフレームとは思えないラクな乗り心地としています。

マフラーはシンプルなドラッグパイプ。エンドを下方に向けることでより腹上がりな悪っぽいチョッパー感のあるデザインで製作しました。

使用しているインナーサイレンサーはもちろん 〇「 ローパスバッフル 」。直管のドラッグパイプでは成し得ない重低音、パワー/トルクカーブになる逸品です。

 

【 ほかセンター、車体まわり使用パーツ 】

〇「 バイシクルキックペダル/ブラック 」  〇「 ブリーザーフィルター

〇「 ウェルドタブ各種 」( ガソリンタンクやシートの取り付けなどに使用 )


Rear

(フェンダー、リアショック、スイングアームetc.)

スタイルの要となる 〇「 ”リジットライン”ボルトオンハードテールキット 」 でリジットフレーム化したリア周り。 通常の5cmロングのキットではなく13cm延長のロングタイプを使用、長身オーナーが乗っても車輌が小さく見えることはありません。

この延長加工でシートの着座面積を広く確保でき、体重が分散しやすくライディングがラクになります。

通常この手のスタイルではスリムに仕上げることが多いリア周り。このSR400ではあえて大柄なファットボブフェンダー、キャッツアイテールランプを使用。懲りすぎないワンオフシッシーバーのデザインと合わせてトラディショナルで野暮ったい王道デザインで仕上げました。

リアホイールは 「 リア16インチキット 」 で16インチ化。タイヤは 〇「 FUCK STONE5.00-16 」です。

ウインカーは定番の 〇「 スモールバレットウインカー 」。

〇「 ウェルドタブ/ナット類 」 を多数使用してリアフェンダーやウインカー、シッシーバーを

取り付けしました。