#143 SR400

Custom Bike

#143 SR400 Custom Report

10年ほど前に他店の名前でリアショックを生かしたコンパクトなボバースタイルとして製作、完成させていたSR400ベースのカスタム。

ナンバープレートの法改正に対応するためシッシーバを追加しました。

小柄で扱いやすいスタイルに荷物が積めるシッシーバーの追加で、街乗り、高速だけでなく、

ロングツーリングにも対応できるチョッパーです。

軽い車体のエンジンには500クランク組み込み、FCRキャブレターでかなり速いです。

まだ今のようにボルトオンパーツが少なかった時代に工夫しながら組み上げたカスタムSRです。

 

〇【ボバー/コンパクトチョッパーコンプリートはこちら

〇【THE SR TIMES掲載記事はこちら①】   【THE SR TIMES ②

 

Custom List

Frontハンドル、Fフォーク、ヘッドライト etc.

SRの車格に合わせて幅詰め加工したハーレーのTINカバーに角ライトを縦付けした顔周り。

ハンドルはオールドフランダースのような取りまわしでワンオフ制作しました。

 

ホイールは旧ディスク19インチにミリオンのデッドストックタイヤ、

グリメカキャリパーとマスターの組み合わせ。 コントロール類はシンプル化。

フロントフェンダーは純正をリサイズしたものです。  (現在はこちらのフェンダーがあります

 

凝縮感を出すために、フロントフォークは5cmローダウン加工しています。


Centerタンク、オイルタンク、シート、ステップ、マフラー etc.

ガスタンクは秘蔵していたデッドストックのワッセルピーナッツ。

スピード感がありクラシカルなレタリングは 〇POTSDESIGN さんにお願いしました。

 

電装ボックス後ろのフレームを「くの時」に曲げることで、乗り心地を損なわずに

さらなるローダウンができるシートレール加工。 凝縮感も増します。

このスタイルの範囲内でリアショックの快適性とローダウン、スタイリングの向上を両立した手法で、

この仕様でたくさんのコンパクトなボバーを製作しました。

 

エンジンは500cc化、キャブレターはFCRで車体も軽く速いです。

 

ドリルドデザインのステップ、キックペダルやシートなどはワンオフで製作したものです。

 

【センター使用パーツ】

FCRキャブレターセット  〇FCR用アルミショートファンネル  〇ロックデコンプレバー


  • Rearフェンダー、リアショック、スイングアーム etc.

    リアホイールはXS650のリムを流用し16インチ化。 (現在はこちらのキットがございます

    リアフェンダーもXS650純正の幅を狭く加工して流用。

     

    荷物を積むのに非常に便利なシッシーバー。

    リアフェンダーの短いコンパクトチョッパースタイルへの追加では

    デザイン、耐久性の確保が難しいですが使いやすくバランスよくなるよう心がけて製作しました。

    テールは丸フォード。

     

    リアショックはデイトナのマグナ250用を加工流用したものです。(現在はこちらのリアショックがございます