お問い合わせ
EN

#239 SR400

Custom Bike

Style: ,

#239 SR400 Custom Report

2%ER店主が若いころに衝撃を受け、憧れたスタイルをSR400ベースで自分用に造った1台です。74スプリンガーに前後16インチでベタベタに低く、地を這うようなライディングポジションのカテゴライズしにくいこのスタイル、1度は造ってみたい!と思い終業時間や定休日をすこしづつ使って2年ほどかけコツコツ仕上げたSR400です。
特徴的なリアのプランジャーサスペンションは愛知県日進市の「GREASE MOTORCYCLE」さんによるもの。試験的にコラボレーションさせていただき公認車検を取得できました。(一般の取り付けまではしばらく受付けできません)

各所にそつなく入ったピンラインは「JERK GARAGE」にお願いしました。

 

Custom List

Front

(ハンドル、Fフォーク、ヘッドライトetc.)

74スプリンガーフォーク/ストックサイズ」を組み込んだフロント廻り。ブレーキパネルはフローティング加工とトルクロッドの取り付け角度の改善でブレーキング時に滑らかに沈み込むように設定しています。ホイールは特注スポークで16インチ化、ハブ/リムとも半ツヤブラックのパウダーコート仕上げです。
ヘッドライトは7インチ径の「ルーカスタイプヘッドライトケース/ブラック」に丸みがありビンテージデザインのレンズながらH4バルブの採用で明るい「タイマツルーカスヘッドライトレンズ/H4」をセット。ステンレス材でワンオフ製作したライトステーで低めにマウントです。
ハンドルロックウェルドオンキット」をアンダーステムに溶接。イグニッションキーの移設で無くなったハンドルロック機構を新設です。
ハンドルは1インチ径の手曲げしたパイプをトップティーに溶接取り付け。シンプルなハーレー用カスタムスロットル、ビンテージハーレーのアーミーモデルに採用されていたクラッチレバーを加工してブレーキレバーに使用しています。左スイッチは埋め込み仕様。クラッチレバーの無いジョッキーシフトなのですっきりシンプルに仕上がっています。グリップは革テープを巻きました。
スピードメーターはガソリンタンク左後部へ移設。「60φ機械式スピードメーター」を「ユニバーサルメーターステー」でマウントです。
取り付けられていないかのように錯覚するウインカーは小指の爪ほどの極小サイズの「ミクロウインカー」。エンジンマウント下部前方に「ユニバーサルウインカーステー スモール」で取り付けしています。

デコンプはエンジン直づけの「ロックデコンプレバー」を使用しました。

【ほかフロント廻り使用パーツ】

クラシカルマイナスボルト

クラシカル真鍮マイナスボルト」(ヘッドライトステー、ヘッドライトの取り付けに使用


Center

(タンク、オイルタンク、シート、ステップ、マフラーetc.)

メインフレームの前半分を使い、リアは「GREASE MOTORCYCLE」さんのプランジャーへ繋がる一直線のリジットラインに変更。
ガソリンタンクは純正を大幅に幅詰めしたワンオフ品に「JERK GARAGE」による飽きがこない程度のピンストライプを入れてもらいました。
低すぎて擦るのでマフラーは右のアップ出し。根本の口金に「ワンオフ製作用エキパイフランジセット」を使い、インナーに特殊構造の「ローパスバッフル」を仕込んでいます。キックペダルは「WRタイプキックペダル」。ヒートシールド代わりになる位置に取り付けしています。
キャブレターはCR38φ。2%ERでは通常使わないCR38φですが、お店に転がっていた余りものを気分で採用しました。(2%ERでは「FCRキャブレター」を推奨しています)
シートはワンオフの本革ソロサドルを2インチスプリングでマウント。リアプランジャーとシートのスプリング、体重を分散できる「ミッドハイステップキット」と同ポジションの「ミッドハイジョッキーシフトキット」。想像以上にラクに乗れます。ジョッキーシフトは通常販売のものに多少の手を加えて意匠を追加しました。

各電装類は「カスタム電装プレート」でエンジンクランクケース後部に全て集約しています。

【ほかセンター廻り使用パーツ】

バッテリーレッサー

ICウインカーリレー
ブリーザーフィルター

クラシカルマイナスボルト」(各部に使用)

クラシカル真鍮マイナスボルト」(各部に使用)

ウェルドタブ/ナット類など溶接用パーツ」各部に多数使用
〇ガソリンタンクxフレーム「溶接用ナット非貫通M8」(タンクに埋め込み)、「ウェルドタブ4.5ミリLサイズ
〇シートxフレーム「溶接用ナット非貫通M8」(スプリング受けに使用)、「ウェルドタブ9ミリMサイズ


Rear

(フェンダー、リアショック、スイングアームetc.)

この車両の最大の特徴、プランジャーサス。リアホイールを支持するプレートが上下スライドしショックを緩衝する仕組みで、古くは50年代前後のインディアンやBSA、BMW、トライアンフなどの外車、日本ではメグロなどが採用していた昔の機構です。今回はこの機構をオリジナル開発しているグリースモーターサイクルさんとのコラボにより公認車検の取得に至りました。
リアホイールは「リア16インチキット」に変更、タイヤは「LOADSTAR5.00-16」を使用。
リアフェンダー「5インチリブフェンダー」。裏面に「リブフェンダー用補強プレート」を3枚使い、頑丈の取り付けです。ワンオフのフェンダーブレースはステンレス製。ヘッドライトステーと合わせた差し込みラグ風のデザインで光沢を抑えた半艶仕上げです。
テールランプは古い英車用。極小デザインです。
ウインカーはプランジャー下部に「ミクロウインカー」をセットしました。

【ほかリア廻り使用パーツ】

クラシカルマイナスボルト」(フェンダーの取り付けに使用)

クラシカル真鍮マイナスボルト」(フェンダーステーやテールランプの取り付けに使用)
溶接タブ/ナット類など溶接用パーツ」各部に多数使用
〇トルクロッド受けボス「ウェルドトールナットM8