#183 SR400

Custom Bike

Style: , , , ,

#183 SR400


「 悪っぽいチョッパーに 」 というオーダーで制作したハードテールSR400カスタム。

カスタムだけでなく、エンジンのO/Hもご自身で楽しんでおられるプライベーターのお客さまからの

車両持ち込みオーダーでした。

 

ご自身の作業での限界よりもさらに乗りやすく、さらにカッコよく仕上げるために車両持ち込みでご依頼いただいた車両です。

持ち込み時にもともと取り付けてあったガソリンタンクとハンドルだけはそのままに、

リアにハードテールキットを組み込みシンプルなリジットフレームに変更、フロントフォークの延長と

リアフェンダー、シッシーバー、マフラーなどをワンオフ制作してチョッパースタイルのシルエットを形成し、

雰囲気のある ○「 BACON 」 によるペイントで仕上げました。

 

一度のツーリングでかなりの距離を走るオーナーなので、身長180cmと大柄なのでポジション造り念入りに決定。

ハードテールキットは13cm延長のロングタイプで窮屈にならずゆったりしたシート位置とし、

プルバックハンドルによるのけ反ってた姿勢での加速時にもピリオンパッドが上半身の体重を補助します。

 

さらに長身の方にオススメのステップ位置が前方に120mm移動するミッドフォワードコントロールキットで

各関節がほどよく曲がりチョッパーらしい乗り姿勢になるように決定しました。

シートスプリングはオーナーの体重に合わせて取り付け位置を決定、持ち込み時の硬いショートサスに比べてバツグンにラクな

ポジション、クッション性で仕上がっています。

 

【 車両持ち込み時の状態はこちら 】

 


○「 制作過程、フォーク延長やハードテールキット組み込みのブログ記事はこちら 」

 

○「 マフラーやシッシーバーなどワンオフ制作のブログ記事はこちら 」


 

【 車体右側のムービー 】

 

【 車体左側のムービー 】

 

【 車体全体と軽い試走のムービー 】

Previous
«
Next
»

Custom List

Front

(ハンドル、Fフォーク、ヘッドライトetc.)


フロントはフォークを30cm(12インチ)延長、 ○「 15cmロングインナーチューブ 」 と

○「 15cmロングフォークジョイント 」 の組み合わせです。 この長さなので走行時のヨーイング予防と

スタビライザー製を高めるために安定感の高い ○「 チークバー 」 追加しています。

 

ハンドルは持ち込み時のものをそのままに、 ○「 アマルタイプスロットル 」 や

ミニスイッチ化などでスッキリとシンプル化。

 

ステム下には ○「 ハンドルロックウェルドオンキット 」 でハンドルロックを新設。

使いやすく目立ちにくい箇所に取り付けしています。

 

ガソリンタンク左前には ○「 機械式スピードメーター 」 を配置。

こちらも視認性よく、目立ちにくくデザインを壊さない箇所の取り付けしています。

 

フレームダウンチューブには ○「 ダイヤモンドウインカー 」 を ○「 ダイヤモンドウインカーステー 」 で取り付けです。

 

Center

(タンク、オイルタンク、シート、ステップ、マフラーetc.)


シート下フレームはリアの ○「 “リジットライン”ボルトオンハードテールキット 」 と一直線に繋げるために

肉厚で剛性の高いパイプ材で造りなおし、リジットフレームシルエットに変更しています。

13cmロングのハードテールキットと繋げているので着座位置が後退し、長身オーナーでもゆったり乗れるポジションになっています。

 

ステップは純正フォワード比10cm前方、2cm下方に移動する ○「 ミッドフォワードコントロールキット 」 。

ハンドル形状にもよりますが2%ERでは身長174cm以上の方にオススメするフォワコンです。

長身の方でもヒザが曲がりすぎず、窮屈にならないのでゆったり乗れて、しっかりと踏ん張りも効き疲れないポジションとなります。

 

取り回しの角度でよりチョッパーらしい雰囲気になるターンアウトドラッグパイプマフラーはワンオフ制作。

口金に ○「 ワンオフパイプ制作フランジキット 」、 2ヶ所に ○「 リップルパイプ 」 、

中間には高音を絞り、伸びやかでトルクフルな特性に近づく ○「 ローパスバッフル 」 を仕込み心地よい良音です。

( → マフラー制作のブログ記事はこちら )

 

シートは ○「 BATESタイプ本皮ソロ/ピリオンセット 」。 フロント側のソロシートは取り付け角度、

スプリングの入力方向をよく考えて1番クッション性が良い位置にマウント、加速時にしっかり背中をホールドする位置に

ピリオンパッドを配置しています。

 

車体色のアクセントとして ○「 ブラスキックペダル 」 を追加。 ルックスだけでなくペダル面積が大きくなり

キックが踏みやすくなるキットです。

 

全ての電装類はエンジンのクランクケース後方に取り付けステーを新設してスッキリと配置しています。

メインキーのみ扱いやすい箇所に ○「 カスタムイグニッションスイッチ ウェルドオンキット 」 を使ってシート下に移設しました。

 

【 ほかセンター/車体周り使用パーツ 】

○「 ウェルドタブ/ナット類多数 」( CDIやレギュレターなど電装類、シートの取り付けなどに多数使用

 

Rear

(フェンダー、リアショック、スイングアームetc.)


スタイルの要となる ○「 ”リジットライン”ボルトオンハードテールキット 」。

往年のリジットフレームのようにステムからリアアクスルまで一直線に繋げることができるキットです。

その名の通りのボルトオン設計なので、容易にスイングアーム/リアショック仕様に戻せるので、

スタイル変更や車検時にもカンタンで安心の設計となっています。

 

リアホイールは ○「 リア16インチキット 」 で16インチ化。 タイヤは ○「 FUCKSTONE 5.00-16 」 をセレクトしました。

 

リアフェンダーは一般的なフラットフェンダーがベースですが、国産車両の微振動とシッシーバーの重みと振れにも

長く耐えるように裏面に適材で効果的な補強を入れています。

取り付けに絡む部分はすべて裏面の補強と絡めてガッチリと高い耐久性でマウントしています。

 

すこし細身なフォークラインのシッシーバーはワンオフ、6角材を使用し少し長めに制作しました。

 

テールランプは ○「 ビーハイブテールランプ 」。 定番のテールをほど良い角度で取り付けしました。

 

【 ほかリア周り使用パーツ 】

○「 ウェルドタブ/ナット類多数 」 ( リアフェンダーやシッシーバー、トルクロッドの受け、ナンバーステーなどに多数使用。

Previous
«
Next
»