お問い合わせ
EN

#230 SR400

Custom Bike

#230 SR400 Custom Report

岡山県の女性美容師さんからオーダー頂いたチョッパースタイルのハードテールSR400です。身長150cmと小柄で華奢(きゃしゃ)、腕力の無いオーナーでも乗りやすいように、特に各部に工夫を入れながら無理なく永く楽しんでもらえるように乗りやすく設定。

全体的なスタイリングはだいたいのイメージを聞いてほぼお任せ。タトゥーだらけのイカつかわいいオーナーによく似合うように、フロントはナロートリプルツリー、19インチのミニドラムホイール、リップルパイプ付きのアップスイープマフラーやセパレートのハイバックシートなどで仕上げさせてもらいました。オーナーの今後の理想のロングフォーク化にも対応できるスタイリングとなっています。

かすれた感じの独特なエイジングペイントは「BACON」によるもの。オーナーの希望を汲みながらお任せのペイントで仕上げてもらいました。

 

STDハードテールコンプリート サンプル車はこちら

50台以上のハードテール制作例はこちら

 

【各部の詳しいご紹介、制作作業、納車から練習までの動画です】

 

【Ann Crash】オーナーのヘアサロン(IGアカウント anncrash320)

Custom List

Front

(ハンドル、Fフォーク、ヘッドライトetc.)

ナロートリプルツリーの採用でチョッパーらしい華奢な見た目となったフロント廻り。ノーマルトリプルツリーに比べオフセット量があるのでハンドリングが軽くなり、腕力の無いオーナーでも軽くバイクを取り廻せる重さになっています。ステム下の目立ちにくい箇所に「ハンドルロックウェルドオンキット」を加工取付しました。フォークは〇「5cmフォークジョイント」ですこしだけ延長し全体シルエットを整えています。今後オーナーが慣れられたときに、さらにロングフォーク化にする予定です。ホイールはハンドリングが重くなりにくい19インチのミニドラムホイールを採用、高さが低めの縦ミゾタイヤを採用しました。

ヘッドライトは車検対応の明るさの「5.75インチベーツライト」をワンオフ製作のヘッドライトステーで取り付けです。

ハンドルは実際にオーナーにまたがってもらい、体格に合わせた「プルバックハンドル」をセレクトし、「3インチスクエアライザー」ですこし持ち上げて取り付けました。。ハンドル幅をすこし縮め、切れ角も通常より少なくすることで小柄なオーナーでも無理なく乗れるポジションに設定しています。ハンドル廻りのコントロール類は「アマルタイプスロットル」に「チョッパーグリップ」、ミニスイッチなど2%ER定番のスッキリ処理に加えて、手の小さな女性でも力が入りやすく握りやすい「アルミショートブレーキレバー」、「アルミショートクラッチレバー」を追加しました。通常クラッチレバーホルダーからエンジンにつながるデコンプワイヤーは、エンジン側に「ロックデコンプレバー」を直付けすることでさらにスッキリさせています。

スピードメーターは小型の電気式を採用。ホイールに仕込んだマグネットを、ミニドラムブレーキのサポートプレートに仕込んだセンサーでメーターを作動させる仕組みです。

ウインカーは「スモールバレットウインカー」を「ボトムマウントウインカーステー」でフレーム下部に取り付けです。


Center

(タンク、オイルタンク、シート、ステップ、マフラーetc.)

ガソリンタンクは汎用のピーナッツタンクをベースに前側を2cm、後ろ側を5mm幅詰めして制作したワンオフ。トンネルを製作しバランスの良い位置に3点ラバーマウントで取り付けしました。エイジングのかかったうっすら虹色のグラデーションペイントは「BACON」にお願いしました。

ステップは2%ERカスタムの定番、「ミッドハイステップキット」。こなれた乗車姿勢になり、リジットの突き上げを足裏に分散できる長距離もラクなステップキットです。

オーナーの希望の形のアップマフラーは、ノーマルのエキゾーストパイプにスリップオンで製作。エンドに「”ナナメ”リップルパイプ」を使用したワンオフ品です。インナーには高音を抑えトルクアップできる「ローパスバッフル」を仕込んでいます。

キャブレターは「FCRキャブレター」を使用、長さのあるアップマフラーとの相性とセッティングのために採用しました。出荷状態の赤いプラスチックファンネルを取り外し、「FCRキャブレター用アルミファンネル/ネットセット」を追加しました。

シート下フレームはリアセクションの「”リジットライン”ボルトオンハードテールキット」に合わせ、水平なノーマルフレームを一度切断し角度を合わせて肉厚鋼管で強度、制度、剛性、耐久性、整備性に優れた設計で安全に造り直しています。

特徴的なシートは2インチスプリングマウントした通常の「本革BATESタイプソロシート」に、ワンオフ製作のセパレートハイバックシートを追加しました。

電装類は「カスタムイグニッションスイッチウェルドオンキット」をシート左下、CDIをキャブレター後部に設置。その他全てを整備性の良いエンジンクランクケースの後ろ側に「カスタム電装プレート」で集約しています。

【ほかセンターまわり使用パーツ】

ブリーザーフィルター
ウェルドタブ/ナット類など溶接用パーツ」各部に多数使用
〇ガソリンタンクxフレーム「溶接用ナット非貫通M8」(タンクに埋め込み)、「ウェルドタブ4.5ミリLサイズ
〇マフラーxフレーム「ウェルドタブ4.5ミリMサイズ
〇シートxフレーム「溶接用ナット非貫通M8」(スプリング受けに使用)、「ウェルドタブ9ミリMサイズ


Rear

(フェンダー、リアショック、スイングアームetc.)

スタイルを決定づける「”リジットライン”ボルトオンハードテールキット」のリア周り。今回は小柄な女性オーナーの体格に合わせ5cmロングを採用です。ビンテージバイクのリジットフレームと同等のシルエットになります。取り付けはその名の通りのボルト/ナットによる脱着なのでで、車検時やスタイル変更時は加工作業なくスイングアーム仕様に変更できます。

リアホイールは取り回ししやすいノーマルの18インチをそのまま採用。ビンテージピレリのMT53レプリカタイヤをセレクトです。

BACON」によるエイジングペイントのフラットフェンダー、セパレート式のハイバックシートに合わせたシッシーバーは角棒で製作。背面に小型の「ダイヤモンドテールランプ」を取り付けしました。

【ほかリア廻り使用パーツ】
溶接タブ/ナット類など溶接用パーツ」各部に多数使用
〇フェンダーxフレーム「ウェルドタブ4.5ミリMサイズ」x4
〇トルクロッド受けボス「ウェルドトールナットM8
〇ウインカーxフレーム「ウェルドタブ4.5ミリSサイズ