お問い合わせ
EN

#229 SR400

Custom Bike

#229 SR400 Custom Report

2%ER制作のSR400に乗るために免許を取られた福岡県のオーナーさまからベース車込みでご依頼頂いたカスタムです。バイク屋冥利に尽きるオーダーで、遠方のお客様ですが、お住まいから近隣のSRを得意とされるショップ様へのご挨拶や車両の説明などのアフターサポートも含めて受付、LINEで何度となくやり取りしながらご要望通りの車体に仕上げさせていただきました。

長身オーナー様の体格に合わせて新規立ち上げの「18cmロングハードテールキット」、「エイプバー」、「ミッドハイステップキット」を使いゆったりしたポジションで乗っていただけるように設計した大柄な車体に、スプリンガーフォークやF21インチ、FCRキャブレター化などフルカスタムで仕上げさせてもらいました。

60年代のカスタムを踏襲したスタイルで、SRのメインフレームに取り付けするとどうしても間延びしがちなピーナッツタンクは2.5cm延長しハイトンネルで製作、新商品の「5インチ アルミセンターリブフェンダー」とバランスよく取り付け、ショットガンマフラーをアクセントに制作しました。

全体的にヤレた雰囲気は、世界中からオーダーを集める「BACON」にお願いし、ペイント部分とクロームメッキ部分に多少のエイジング加工で仕上げてもらいました。

 

 

STDハードテールコンプリート サンプル車はこちら

50台以上のハードテール制作例はこちら

Custom List

Front

(ハンドル、Fフォーク、ヘッドライトetc.)

フロントフォークは「74スプリンガーフォーク」に変更。最低地上高と走行性能を保つために2インチロングを採用しています。出荷状態では動きの悪い箇所に修正を加え、ブレーキングと同時に滑らかにフォークが沈みこむ安全設計で取り付けしました。

ホイールは「フロント21インチキット」で細く大径化。60‘sスタイル定番の組み合わせです。

ヘッドライトは横もちのビンテージデザインながらH4バルブの採用で車検に通る明るさの「5.75インチ オールドベーツタイプサイドマウントヘッドライト」を往年のB級ムービーで見られるようなデザインで立ち上げた「74スプリンガー用サイドマウントライトステー」で取り付けしました。

ハンドルは「エイプバー」。7/8インチ径では見かけなくなった幅広で鋭角に曲がるオーソドックスなエイプバーです。

コントロール類は2%ER定番の「アマルタイプスロットル」、「バレルグリップ」、ミニスイッチやイグニッションキーやメーターの移設でスッキリ仕上げです。

イグニッションキーの移設で無くなったロック機能は「ハンドルロックウェルドオンキット」でスプリンガーステム下に新設。目立ちにくい箇所で跨りながら操作ができる便利で安心の装備です。

スピードメーターも目立ちにくく走行中に首を振らずに視認できるガソリンタンク左前側に移設。「60φ機械式スピードメーター」を「ユニバーサルメーターステー」で取りつけしています。

 

【ほかフロント廻り使用パーツ】

ロックデコンプレバー」「スモールバレットウインカー」「ボトムマウントウインカーステー


Center

(タンク、オイルタンク、シート、ステップ、マフラーetc.)

60`sスタイル定番のピーナッツタンクは大きく伸びた車体とSR独特のメインフレーム形状に合わせて2.5cm延長加工し、メインフレームの見せたくない部分を隠しながらバランス良く取り付けました。

特徴的なマフラーは根本の口金に「ワンオフエキパイ制作用フランジセット」、中ほどに「製作用リップルパイプ」を使ったショットガンスタイルで製作したワンオフ品です。高音になりがちな長いドラッグパイプですが特殊構造の「ローパスバッフル」を仕込み耳障りな高音のカットとトルクアップ効果を両立させています。

HWZNドリルドキックペダル」は根本を開いた状態で固定し、キッカー部分のみ開閉できる仕組みで、走行時はショットガンマフラーのヒートシールドの役目にもなります。

シート下フレームはリアの18cmロングハードテールに合わせて肉厚鋼管を使い強度、耐久性、整備性に優れた設計で造りなおしています。リアホイールが後方にズレることでSR特有の窮屈感がなくなり、スプリングマウントの「ナローベーツレプリカソロシート」を乗りやすい確度で設定できるため、お尻にかかる体重を大幅に分散できる「ミッドハイステップキット」と合わせて通常のリジットフレームと比べ抜群に疲れにくい設計です。

キャブレターは「FCRキャブレター/マニホールドセット」に換装。初心者のユーザー様でも扱いやすく、SR400/500が数段楽しくなる2%ERオススメのキャブレターです。標準装備のプラスチック赤ファンネルから「FCR用アルミファンネル」に変更、ゴミよけの「ファンエルネット」を仕込みました。

すっきりまとめた電装類はフレームガゼットプレートの下側に設置したCDI以外は全てエンジンクランクケース後方に「カスタム電装プレート」で整備性よく収納。車検時やスタイル変更時にスイングアームを取り付ける際も手直しをする必要がありません。

 

【ほかセンターまわり使用パーツ】

カスタムイグニッションスイッチウェルドオンキット

ブリーザーフィルター
ウェルドタブ/ナット類など溶接用パーツ」各部に多数使用
〇ガソリンタンクxフレーム「溶接用ナット非貫通M8」(タンクに埋め込み)、「ウェルドタブ4.5ミリLサイズ
〇エキパイxフレーム「ウェルドタブ4.5ミリMサイズ
〇シートxフレーム「溶接用ナット非貫通M8」(スプリング受けに使用)、「ウェルドタブ9ミリMサイズ


Rear

(フェンダー、リアショック、スイングアームetc.)

身長175cm以上の方へ特にオススメする新設計の「18cmロング”リジットライン”ボルトオンハードテールキット」。ステムからリアアクスルを一直線に繋ぎ往年のリジットフレームラインをボルトオンで再現できるキットです(シート下フレーム加工必要)。その名の通りのボルトオン設計で車検時やスタイル変更時にはボルト/ナットの脱着でスイングアーム/リアショック仕様に変更できます。

ノーマル18インチのリアホイールには当時の雰囲気を再現できるピレリMT53レプリカタイヤをセレクト。

5インチ アルミセンターリブフェンダー」の裏面に効果的な補強を施し安全に6点マウント。テールランプは「台座つきルーカステールランプ」を加工取付しました。

 

【ほかリア廻り使用パーツ】
溶接タブ/ナット類など溶接用パーツ」各部に多数使用
〇フェンダーxフレーム「ウェルドタブ4.5ミリMサイズ」x4
〇トルクロッド受けボス「ウェルドトールナットM8
〇ウインカーxフレーム「ウェルドタブ4.5ミリSサイズ