#107 SR500


2%ERハードテールSR第2弾。

シートレール加工、リジットラインのボルトオンハードテールシンプル化したフレームでボバーとチョッパーの過渡期をテーマに製作した60’sスタイルです。                                                              故障知らずで乗って楽しいSR500をベースに60年代の軽快で味があり、悪っぽいビンテージスタイルとして造ったバイクです。

各部 〇「 BACON 」 とのコラボによるエイジングペイントで仕上げました。

〔 全体シルエット 〕
リジットライン ボルトオンハードテール
シートレール加工
フロント19インチキット
リア16インチキット
右側

左側

Previous
«

Custom List

Front

(ハンドル、Fフォーク、ヘッドライトetc.)


独特のゆるい曲がりのエイプバーはデッドストック品。

古いアメ車用のGUIDE製ヘッドライト、内部を現代のH4仕様に加工しワンオフステーで取りつけました。

 

スタイルとノリを決定付ける 〇「 フロント19インチキット 」 、 タイヤはALLSTATE/DIRTMAN。

ハブをサンドブラスト仕上げ、 〇「 スターバーストハブキャップ 」 でノーマルドラムを古っぽい雰囲気に。

 

トライアンフなど英車用レプリカ、 〇「 クロームブレーキレバー 」 、 〇「 クロームクラッチレバー 」 、

〇「 アマルタイプスロットル 」 などでスッキリ化。

 

アンダーブラケット下には操作しやすいハンドルロックを新設、

〇「 ハンドルロック ウェルドオンキット 」 を使用しています。

Center

(タンク、オイルタンク、シート、ステップ、マフラーetc.)


〇「 リジットライン ボルトオンハードテールキット 」 と シートレールのリジットライン加工により

ヘッドパイプからリアアクスルまで一直線で形成。

ボルトオンのリアセクションはいつでもスイングアーム仕様に変更でき、

車検時の不安なしにハードなカスタムができる仕様となっています。

 

ガスタンクはトライアンフ用を加工流用。

この車輌のポイントのひとつでもあるペイントは 〇「 BACON 」 によるもの。 オールドペイントを再現してもらいました。

( エイジングペイント BACONブログ記事はこちら 

 

マフラーはワンオフ。 左側にシンプルに取りまわし、軽快なドラッグパイプとさせていただきました。

 

悪カッコいい乗車姿勢、 ギャップ時に尻を浮かせて回避できる 〇「 ミッドハイステップキット 」。

計算された純正の操作性をスポイルすることなくスタイル、ラクさが大幅に向上。

「 楽しくラクに乗る 」「 長距離を走る 」 2%ERのカスタムに欠かせないステップキットです。

 

シート下電装ケースは消火器を加工したもの。 メッキ仕上げの後にエイジング加工を施しました。

 

シートはベーツタイプのソロ/ピリオン。 経年変化が楽しめる本皮を使用しました。

 

サイドスタンドはトライアンフ用を加工して取りつけています。

 

Rear

(フェンダー、リアショック、スイングアームetc.)


〇「 リジットライン ボルトオンハードテール 」 に合わせフラットフェンダーを取りつけ。

 

ホイールは 〇「 リア16インチキット 」 と

〇「 リア スターバーストハブキャップ 」 の組み付けによりビンテージなルックスになっています。

 

当時のマナーに習い奇抜なことは避け、定番のビーハイブテールランプを使用。

 

ワンオフのシッシーバーも、当時のものをレプリカして製作しました。

 

 

Previous
«
date:2016年9月20日 author:2%er